ウエストダイエット 実行前

ウエストダイエットの実行前に

ウエストの周辺に増えてしまった脂肪を減少させる
ダイエットの方法が関心を集めていますが、
実行前に脂肪がついてしまった原因を把握しておく必要があります。

 

脂肪が増えてしまった原因を把握できれば、
自分に適したウエストダイエット法を、
探し出すことができるからです。

 

ウエスト周辺にお肉がついた体型は、
大きく2つのタイプに分けられます。

 

よく耳にすると思いますが「洋ナシ型肥満」と
「リンゴ型肥満」と言われるものです。

 

普通は洋ナシ型肥満が多いのは女性で、
リンゴ型肥満は男性が多いといわれています。

 

このうち生活習慣病が危惧されるのはリンゴ型肥満で、
内臓周辺に脂肪が多くつくことで、リンゴのような体型になりますが、
ダイエットでウエストが細くなりやすいのはこのタイプです。

 

女性につきやすい皮下脂肪より、
内臓脂肪のほうが落とすのは簡単だと言われているからです。

 

自分がどちらのタイプなのかによって、
ダイエット方法が変わってくるのです。

 

そして自分に適したダイエット法を探しだすことで、
ウエスト痩せに効果を出すことができます。

 

自分が洋ナシ型なのかリンゴ型なのかを判断するには、
CT撮影をしないとハッキリと判断することはできませんが、
ウエストとお尻のサイズの割合でおおよその判定はできます。

 

ウエストをヒップで割るだけです。
その比率が0.7以下なら洋ナシ型肥満、
女性0.8、男性1.0以上ならリンゴ型肥満だといえます。

 

自分のタイプが判断できたら、そのタイプに合わせた
ダイエット法でウエストを細くすることを目指しましょう。